既刊同人誌「暑い巣穴で汗いっぱいの蛙姦」

Adult

既刊同人誌「暑い巣穴で汗いっぱいの蛙姦」

  • Physical (direct)
    Ships within 3 days
    1 left in stock
    600 JPY

------------------------◆--------------------------- ◆こちらは「既刊同人誌」です。 ・らばた保管庫の奥に眠っていた、過去本の在庫販売です。各種、数冊のみしかありません。 ・委託通販などでは既に絶版となっているものも多いので、お好きな方にお渡し出来ればいいなと思っております。 ・内容はすべて創作ファンタジーです。 ・過去作なので、当時の画力です。ご了承ください。今もそんなに上手くないです。 *本作品は、2015年に描かれた作品です。 ◆発送について ・送料は1回で180円です(何冊でも同額)。ポスト投函の予定です。 ・梱包に謎のシール(写真参照)を貼っておきます。 ------------------------◆--------------------------- ■ 本作品のみどころ 狭いカエルの巣穴に落ちてしまった女が、ひたすら襲われます。、 地熱で暑い巣穴の中で、どうにもならないまま、巨大なカエルのモンスターに 犯されていく様子がみどころです。 ■ あらすじ ちょっと、周りから浮いてしまう性格のヒロイン。 またパーティからはずされて、寒空の下、独りぼっちに。 仕方なく町へ帰ろうとするものの、カエルの巣穴に落ちてしまい、 あっという間に襲われる。女という獲物は、カエルたちにとって 冬越しに重要な存在なのである。 しかし、ヒロインは汚された後、さっさと捨てられてしまう。 モンスターにさえも…。自分は、この世界のすべてに不要とされているのだ。 落ち込むヒロインに、また、他のカエルが、 性欲処理の為だけに、手を伸ばす。 ■ Hシーンについて 描画的には、狭い巣穴でカエルさんと交わりまくります。 もあっとした空間と、汗をお楽しみ下さい。 例によって、おっぱいは大きくなります。 だから乳首乳輪は大きくてだらしないです。だって好きなんだもん。 丸呑み描写は最後にちょこっとありますが、メインテーマではありません。

About shipping
Shipped from warehouse

These products are shipped from BOOTH warehouse as soon as payment is confirmed.

Shipped from home

These products are packed and shipped from the seller. "Ships within ~ days" are the estimated number of days from when payment is confirmed at BOOTH until the item is shipped.
Items shipped by Anshin-BOOTH-Pack will be delivered anonymously.

Download item

You will be able to download these products from "Purchase History" at any time after payment is confirmed.

Shipped from pixivFACTORY

These products are manufactured and shipped by pixivFACTORY as soon as payment is confirmed.

------------------------◆--------------------------- ◆こちらは「既刊同人誌」です。 ・らばた保管庫の奥に眠っていた、過去本の在庫販売です。各種、数冊のみしかありません。 ・委託通販などでは既に絶版となっているものも多いので、お好きな方にお渡し出来ればいいなと思っております。 ・内容はすべて創作ファンタジーです。 ・過去作なので、当時の画力です。ご了承ください。今もそんなに上手くないです。 *本作品は、2015年に描かれた作品です。 ◆発送について ・送料は1回で180円です(何冊でも同額)。ポスト投函の予定です。 ・梱包に謎のシール(写真参照)を貼っておきます。 ------------------------◆--------------------------- ■ 本作品のみどころ 狭いカエルの巣穴に落ちてしまった女が、ひたすら襲われます。、 地熱で暑い巣穴の中で、どうにもならないまま、巨大なカエルのモンスターに 犯されていく様子がみどころです。 ■ あらすじ ちょっと、周りから浮いてしまう性格のヒロイン。 またパーティからはずされて、寒空の下、独りぼっちに。 仕方なく町へ帰ろうとするものの、カエルの巣穴に落ちてしまい、 あっという間に襲われる。女という獲物は、カエルたちにとって 冬越しに重要な存在なのである。 しかし、ヒロインは汚された後、さっさと捨てられてしまう。 モンスターにさえも…。自分は、この世界のすべてに不要とされているのだ。 落ち込むヒロインに、また、他のカエルが、 性欲処理の為だけに、手を伸ばす。 ■ Hシーンについて 描画的には、狭い巣穴でカエルさんと交わりまくります。 もあっとした空間と、汗をお楽しみ下さい。 例によって、おっぱいは大きくなります。 だから乳首乳輪は大きくてだらしないです。だって好きなんだもん。 丸呑み描写は最後にちょこっとありますが、メインテーマではありません。